TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!!Presents ~沖縄の海を元気にするフェス「ビタミンSEA」~

  • サイトトップ
  • プログラム詳細

第4回

160人が大集合☆テトラポットの隙間にも沢山のゴミが!?皆で砂浜を清掃しました~!

REPORT

【晩秋の沖縄西海岸に160人余りの参加者が集合】

沖縄最終回のアクアソーシャルフェス当日の朝は、あいにくの雨模様(><)設営準備時には時折小雨が降る不安なお天気・・・。しかし!!受付30分前には雨も止み、受付開始時には青空も!絶好の清掃日和の中、参加者を迎えることができました~(パチパチパチ)。きっとスタッフや参加者の皆さんの気持ちが通じたんですね☆今回は計161名が参加!北谷町役場や北谷町漁業協同組合など地元の方々や浦添青年会議所からも多くの参加がありました(^-^)また前回同様、県外からの参加者が、事務局をサポートしていただくなど活動の広がりを感じる中でのスタートとなりました♪♪

まずは開催地である北谷町の野国昌春町長からご挨拶!「毎年多くの方に利用していただいているこのビーチをさらに綺麗にして、沖縄を代表するビーチにしていきたい」との言葉をいただきましたよ(^-^)

そして開会式の後は清掃活動へ!当日ゲストで参加してくれた3組のミュージシャン達も一緒になって海岸を左右に分かれたら、いよいよ活動開始でーす!活動を始めてみると、海岸沿いに設置された防波用のテトラポットの間に沢山のゴミが(><)一見キレイに見える場所にも、ゴミは沢山隠れていたんですね。

中には大きな廃棄物もあり、参加者からは「こんなに多くの種類のゴミがあって驚いた」という声も聞こえてきました。そして約90分の清掃活動で集まったゴミは、なんと2トントラック約1.5台分!!

活動終了後には、主催者の皆さんから参加者全員に温か~い豚汁が振舞われましたよ!具沢山でとっても美味しそうですねぇ~~☆

また、ステージでは一緒に活動してくれたアーティストたちによるライブも行われました♪♪素敵な歌声を聞きながら、お腹もいっぱいに。みんな大満足の様子でしたね☆

6名のグループで参加した20代の男性からは「普段なにげなく来て遊んでいるビーチで、隠れたところにたくさんのゴミがあるのがビックリした。海は沖縄の財産だから、意識して綺麗にしていきたい」と語ってくれましたよ。実際の活動を通してビーチの現状を一人一人が理解する事で、これからも美しいビーチを守っていきたいですね。

TOP

第2回

真夏の海岸で清掃活動。全員で協力して、砂浜をキレイにしました☆

REPORT

【ライブで感じる僕らの美ら海】

【真夏の海岸で170人余りの参加者が集合】

当日の朝は沖縄らしく透き通るような青空!でも沖縄特有のスコールが各地で起こっていたので、雲の動きを見ながらの受付開始となりました~。こちらの心配をよそにスコールの影響もなく参加者も続々と集合☆前回県外から参加した方が、今回は事務局としてお手伝いしてくれるなど、活動の広がりを感じながらのスタートとなりました!!

開会式では、地元を代表して南城市の古謝市長からご挨拶。「この海岸はウミガメの産卵地にもなっています。今回この場所をビーチクリーンの場所に選んでいただいてとてもありがたく思います」と感謝の言葉をいただきましたよ^^

さてさて、今回の清掃場所はここ、久手堅吉富海岸。この海岸を左右に分かれて、いよいよ清掃活動のはじまりで~す!!

【周りを巻き込んでの綱引きのような作業も】

清掃を始めてみると、海岸にはなんと海外からの漂着ゴミや大きな廃棄物も沢山ありました!「いろんなものが落ちていてビックリしました~」と、驚きを隠せない参加者の声も(X_X)

また、砂の中に埋まったチューブをみんなで引っこ抜いたり参加者同士が協力する一幕も見られましたよ。みんながんばれぇ~(><)

こっちでは、こんなに大きなタイヤがぁぁ!!さすがに持ち上げられないですね(笑)ゴロゴロゴロリ~ンっと運んでいきます。

みんなで集めたゴミの中には、テレビなどの粗大ごみもあり、わずか30分程度で2トントラック約2台分のゴミを拾うことができました~!!参加した男性は集積されたゴミをみて「こんなにゴミがたくさんあるのに驚きました。継続してやっていかないといけないね」と汗をぬぐいながら話してくれましたよ^^

また清掃活動の後には、沖縄の伝統芸能である踊り「エイサー」や、活動に賛同してくれた地元アーティストたちのライブイベントも行いました!!素敵な歌と踊りでみんなの疲れも吹っ飛びますね。

かなり暑い中での作業だったのですが、皆さんほんと~に頑張ってくれました!ありがとうございましたっ☆これからも白き砂浜と青い海をみんなで守っていきましょう♪♪

TOP

第1回

230人超の参加者全員で、沢山のゴミを拾ました!終了後は、皆がうっとりの素敵なショータイム。

REPORT
【青空のもと230人超の参加者が集合!】

雨が降った前日とは打って変わり、透き通る様な晴れ渡った青い空の「美々ビーチいとまん」。沖縄第1回目のアクアソーシャルフェスは、絶好のフェス日和の中始まりました。着々と準備作業が進む中、沖縄の守り神・シーサーが参加者の皆さんをお出迎えです♪

当日は朝9時からの受付開始にもかかわらず、開始時間前から沢山の方が集まり始め、受付前には既に長~~い列が出来るほど!中にはこの日の為に、なんと!遠く神奈川県から参加した男性もいらっしゃったんです!全国からアクアソーシャルフェスに参加する為に、集まってくれているんですね~。トータルでは230名を超す方々が参加し、地元のテレビ局もスタートから最後まで密着取材するなど、注目度の大きさも感じる中、いよいよ開会式が始まります。

開会式では主催者である地球友の会沖縄協会代表の新川さんから「楽しんで沖縄の海をみんなでキレイにしていきましょう!」のご挨拶の後、この活動に賛同し、その日ライブを行うアーティストのみんさんからも激励の言葉を頂きました。

【楽しくそして真剣にみんなで力をあわせて、ビーチクリーン!】

参加者の皆さんは受付で受け取ったビブスを着て、タオルを巻いたりして、やる気いっぱい!比較的フラットなビーチ沿いと沿岸側などで全体を5つのグループに分けて、いよいよ清掃へしゅっぱーつ!

【ゴミ袋が足りないとの声も。参加者のパワーが凄い!】

ビーチ沿いは流れ着いた藻や海藻などを中心に拾い、沿岸側は漂着物やゴミなどを岩の隙間にも手をいれて活動を行いました。太陽の眩しい光が注ぐ中、参加者のみなさんのパワーがとにかく凄い!「ゴミ袋が足りない!」という声もあちこちから聞こえてきました。

「わっ、こんな隙間にもあった!」見えない所からもゴミは発見されます。

ビーチの方がゴミの量も多く、先に終わった参加者が手伝うというひと幕もあり、皆の協力を経てビーチクリーンは無事終了。こんなに沢山のごみが!?・・と思う程の、なんと300袋ものゴミ袋が満杯に!終了後に集積された袋を見た参加者は「思った以上にたくさんあったね!」と驚きの声をあげていました。

【みんなうっとり。素敵なライブとダンスを鑑賞】

ゴミ拾いの後はライブ会場に場所を移し、お待ちかねのショータイム!今回参加したjujumoさんをはじめとした、アーティストのライブやタヒチアンダンスが披露されました。ダンスのお姉さん達、とーっても綺麗☆

こんなに小さい女の子も元気いっぱいのダンス!かわいいですね~。

そして、素敵な歌声のライブも♪

【海への感謝を改めて実感。】

参加者にお話を伺ってみると「綺麗になったビーチをみて、改めて沖縄の海を良さを実感しました」と話してくれました。海への感謝を忘れずに、名前の通り美しいこの「美々ビーチいとまん」を、いつまでも守っていきたいですね。

TOP