TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!! 2016

AQUA SOCIAL FES!!Presents ~柏島「海の中の森づくり」プロジェクト~

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

柏島の海に生き物のすみかを作る

第3回

アオリイカの産卵床にどのくらい卵がついたかな!?成果報告会と試食会を行います!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
※台風接近に伴い、中止とさせていただきます。ご来場を予定されていた皆様にはまことに申し訳ござい ません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
高知県の西南端にある柏島の周辺海域には造礁サンゴや藻場が広がり、生息する魚種は1000種を越え、その数は小笠原や沖縄をしのぎ日本一を誇っています!そのような中、この柏島周辺では磯焼けとよばれる現象が深刻化しているんです・・・。磯焼けとは、沿岸海域の藻場が減少し、それに伴って藻場を住みかとする水棲生物が減少し、漁業にも大きな打撃を与える現象のこと。柏島では特に藻場に産卵するアオリイカの減少が問題となっています。
現在、この磯焼
けを解消し藻場の再生とアオリイカの資源を増やす取り組みをしています。藻場の再生には近隣からの海藻の移植や、海藻を食べるウニ類の駆除を行うと同時に、代替藻場として間伐材の枝葉を使ったアオリイカの人工産卵床の設置を行っているんですよ^^

第1回は、柏島の現状の学習と、クリアカヌーを使った海底の観察、第2回は、産卵床となる枝葉を収集するための間伐体験と、柏島沖合50mのポイントに産卵床の設置を行いました。
第3回は、第2回に実施した産卵床に卵がどのくらいついたか、また、イカが繁殖したのかを、スライドなどで確認し、成果を共有する「成果報告会」を実施します!報告会後に、調理室へ移動し、アオリイカを実際に調理して食す「試食会」も開催し、自然の恵みを共有しましょう☆

※雨天の場合:決行(但し、状況によりプログラムの変更等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの場合は、会場地下の有料駐車場をご利用ください。
【電車の場合】
土佐電鉄「はりまや橋」下車、徒歩5分、または「菜園場」下車、徒歩3分
【バスの場合】
土佐電鉄・県交通「はりまや橋」下車、徒歩5分

・主催:NPO法人黒潮実感センター
・共催:高知新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第3回募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

このレポートを見る
RESULT

第2回

山で不要になったスギやヒノキの間伐材の枝葉を切り出して産卵床を制作しましょう。

高知県の西南端にある柏島の周辺海域には造礁サンゴや藻場が広がり、生息する魚種は1000種を越え、その数は小笠原や沖縄をしのぎ日本一を誇っています。そのような中、この柏島周辺では磯焼けとよばれる現象が深刻化しています。磯焼けとは、沿岸海域の藻場が減少し、それに伴って藻場を住みかとする水棲生物が減少し、漁業にも大きな打撃を与える現象のことです。柏島では特に藻場に産卵するアオリイカの減少が問題となっています。現在、この磯焼けを解消し藻場の再生とアオリイカの資源を増やす取り組みをしています。藻場の再生には近隣からの海藻の移植や、海藻を食べるウニ類の駆除を行うと同時に、代替藻場として間伐材の枝葉を使ったアオリイカの人工産卵床の設置を行っています。間伐材の産卵床を作り、海の中に沈めて森を作りましょう!

第2回目は、1日目に産卵床となる枝葉を収集するため、大月町内の山林で森林組合の協力の下、間伐体験を行います。山川海のつながりを直に体験できる貴重なプログラムです。2日目には地元漁協とダイバーの協力の下、柏島沖合50mのポイントに産卵床の設置を行います。プログラム参加者は船の上から見学となります。

・交通アクセス:お車でお越しください(JR宿毛駅から車で約40分)
・主催:NPO法人黒潮実感センター
・共催: 高知新聞社
・協力:大月町、すくも湾漁協、大月町森林組合、宿毛湾ダイビング大月地区部会

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。
※宿泊は各自にて、ご手配願います。

第2回開催終了しました!みんなで一生懸命間伐作業を行い、海底にアオリイカの産卵床となる森を設置しました!
尚、第3回は9月30日(日)に開催。
4月に海底へ沈めた産卵床の報告会と、アオリイカの試食会を予定しております。
※定員50名

※当日の写真はこちらへ→Facebookで「トヨタ アクア|TOYOTA AQUA SOCIAL FES」を見る

このレポートを見る
REPORT

第1回

山で不要になったスギやヒノキの間伐材の枝葉を切り出して産卵床を制作・・・の前に現状をクリアカヌーで観察しましょう

第1回目は、柏島の現状の学習と、クリアカヌーを使った海底の観察を行います。まずは、柏島の現状と山川海のつながり、関係性を座学として学び、活動への共通認識を持っていただきます。また、磯焼けが進行している柏島の竜の浜において、底が透明なクリアカヌー、もしくは船上から箱メガネを用いて海底の藻場や磯焼けの状況を観察しましょう。

・交通アクセス:お車でお越しください(JR宿毛駅から車で約40分)
・主催:NPO法人黒潮実感センター
・共催:高知新聞社
・協力:大月町、すくも湾漁協、大月町森林組合、宿毛湾ダイビング大月地区部会

第1回開催しました!みんなでクリアカヌーから海底の様子を観察。次回はいよいよ産卵床の設置が始まります。是非ご参加ください!!

※当日の写真はこちらへ→Facebookで「トヨタ アクア|TOYOTA AQUA SOCIAL FES」を見る

このレポートを見る
REPORT