TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!! Presents~琵琶湖環境保全プロジェクト~

  • サイトトップ

琵琶湖の雄大な自然を、みんなで一緒に守る

第2回

開催日時
2017年10月

予定

集合場所
オーパル(滋賀県大津市雄琴5-265-1)MAP
問合せ番号
0120-033-213
カヌー体験で琵琶湖の雄大な自然を体感しながら、ヨシ帯の清掃活動を一緒にしよう!

「近畿の水がめ」とよばれる琵琶湖は、滋賀県民だけでなく、京都、大阪、兵庫の約1400万人の生活を支える源としてとても重要な役割を担い、水道用水、工業用水、農業用水などに利用されています。また、琵琶湖のヨシ帯は、魚の産卵や鳥たちのすみかになっているだけでなく、琵琶湖の水を浄化する働きもあります。

しかし、ヨシ帯の周辺にはペットボトルのゴミなどが漂着しゴミがたまってしまうため、第2回では、実際に琵琶湖の湖上に出て、カヌー体験を通して琵琶湖の雄大な自然を肌で感じながら清掃活動を行いましょう♪♪

・主催:グリーンウォーカークラブ・ネイチャーガイド研究所
・共催:京都新聞
・協力:オーパルオプテックス

COMING SOON

第1回

開催日時
2017年8月6日(日)

10:00~14:00
(受付:9:30~)

集合場所
奥琵琶湖マキノグランドパークホテル(高島市マキノ町西浜763-2)MAP
問合せ番号
0120-033-213
奥琵琶湖畔にある浜辺で、地引網体験と生き物観察会を行います。

琵琶湖で最も美しいといわれている奥琵琶湖畔にある浜辺は、夏のレジャーシーズンには遠方からも多くの利用者が訪れ、家族に人気のスポットです。海津湾の西側に位置し、北方に続く高木浜から今津浜まで約5キロにわたって2000本をこえる黒松が林立し、延々と続く白浜と相まって白砂青松の美しい景観を形成、「21世紀に引き継ぎたい日本の白砂青松百選」にも選ばれているんですよ。松林は、人家への防風林の役目だけでなく、風当たりを弱め、魚が集まる木陰を提供する魚付き林の役割も担っています。

第1回は、琵琶湖の景観になくてはならないこの風景を多くの人に知ってもらうだけでなく、そこに生きる生き物の実態を知り環境保全意識を高めてもらうための活動として、地引網体験と生き物観察会を行います!

※未就学児の方は、ご参加いただけません。 
------------------------------------
※雨天の場合:少雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
お車でお越しください。

・主催:グリーンウォーカークラブ・ネイチャーガイド研究所
・共催:京都新聞
・協力:滋賀県漁業協同組合連合会青年会、滋賀県、奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回募集は終了致しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。