TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!! Presents ~クリーンHOKKAIDOプロジェクト~

  • サイトトップ

北海道の水環境を守る

第7回

開催日時
2017年10月

予定

集合場所
栗山町南部公民館(夕張郡栗山町継立176-8)MAP
問合せ番号
0120-033-213
穴掘りを必要としない、誰にでも簡単にできる植栽用紙ポットを製作し、その後、みんなで植樹します。

自然豊かな河川や湖は北海道の宝です。そしてその豊かな水環境は、森が育てています。しかし緑豊かな森は一朝一夕には育ちません。みんなができる小さな活動を地道に行い、未来の世代に大切な川を伝えて行きましょう☆

第7回目では、栗山町で植樹活動を行います!段ボール製の植樹ポット「カミネッコン」を使った、穴掘りを必要としない簡易な方法です。苗木の定着率も高く、誰にでも簡単にできる植樹活動ですよ♪♪

・主催:NPO法人ウッドネット北海道
・後援:栗山町、栗山町教育委員会、バイオブロック工法普及連絡協議会、北海道新聞社

COMING SOON

第6回

開催日時
2017年9月

予定

集合場所
イタンキ浜海水浴場駐車場(室蘭市みゆき町3丁目)MAP
問合せ番号
0120-033-213
全国でも30ヵ所あまりしかない希少な鳴り砂海岸であるイタンキ浜を清掃し、貴重な自然の財産を次代に伝えます。

砂地を歩いたときに「きゅっきゅっ」と音を出す不思議な砂を鳴り砂といい、全国でも30ヵ所あまりの場所しかありません。「鳴り砂は環境のバロメーター」といわれるほど、環境に左右されやすく、不純物が混じることで音が鳴らなくなってしまいます(>_<)鳴り砂を守ることは、私たちの住む環境を保護するだけでなく、貴重な自然の財産を未来に伝えることでもあります。

第6回目では、実際に砂が鳴くのを体験しながら、鳴り砂海岸の清掃活動を行います!

・主催:室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会
・後援:北海道新聞社

COMING SOON

第5回

開催日時
2017年8月

予定

集合場所
函館市熱帯植物園駐車場(函館市湯川町3-1-15)MAP
問合せ番号
0120-033-213
「海の町」函館がいつまでも愛されるために、観光名所・湯の川海岸を地域の方たちと清掃します。

日本を代表する観光地のひとつである函館は、津軽海峡を臨む、異国情緒漂う港町です。とりわけ弓形の独特な形をした湯の川海岸の海岸線は美しく、訪れる観光客の目を楽しませているんですよ(^^)函館市は「海」をキーワードにしたまちづくりに取り組んでおり、魚介類のほか、海岸の美観も大切な観光資源となっています。

第5回目では、地域のボランティア団体と協同して、湯の川海岸の清掃活動を行い、函館の大事な自然資源である海岸線を美しく保ち、地元の人たちだけでなく、湯の川を訪れる観光客が気持ちよく訪れることができるようにします!

・主催:函館大学ローターアクトクラブ、函館湯の川温泉旅館協同組合
・後援:函館東ロータリークラブ、北海道新聞社

COMING SOON

第4回

開催日時
2017年7月

予定

集合場所
湧別川河川敷(紋別郡湧別町開盛)MAP
問合せ番号
0120-033-213
湧別川河川敷の清掃、水生生物観察、カヌー体験、魚釣り体験など湧別川と実際にふれあい、楽しむことで身近な自然環境の大切さを体感します。

オホーツク・湧別川の自然に関心をもってもらい、楽しく学び、安全に遊ぶ―。北見山地・天狗岳からオホーツク海へ流れる湧別川はその流域に豊かな自然を残しています。その自然の豊かさに親しむことは地元の方々でもなかなか体験しないままのことも多いのが実情です。

第4回目では身近なところにあった大自然に親しみ、その環境の豊かさ・美しさをあらためて感じ、次代に引き継いでいけるよう、河川敷の清掃、川虫や川魚などの自然観察・水質調査を行います!昼食を挟み、カヌー体験や魚釣り体験、最後はライフジャケット着用のうえ、ジャブジャブと川に入って豪快に水遊びをしましょう☆

・主催:ゆうべつアウトドアクラブYU-PAL、湧別川のサクラマスを考える会、遠軽町河川愛護少年団川の学校、遠軽青年会議所
・後援:網走開発建設部、湧別町教育委員会、ユニオンデータシステム、FRSコーポレーション、北海道新聞社

COMING SOON

第3回

開催日時
2017年7月

予定

集合場所
音更町柳町地区水辺の楽校(河東郡音更町柳町音更橋地先)MAP
問合せ番号
0120-033-213
道東・十勝、音更地域のシンボル的な存在である音更川の生態を学び、身近な河川環境の大切さを考えるきっかけにします。

十勝地区・音更町を南北に貫き、十勝川に合流する、然別川、音更川、士幌川。音更三川と呼ばれるこれらの川はいずれも地域の大切な宝です。

第3回目では、そのひとつである音更川とその自然環境について学びます!多様な水生昆虫や魚類が暮らす川を深く知ることで、自然を守ることの大切さを実感できますよ。水生生物観察や水質調査を行い、ふだんあまり親しむ機会のない川辺の環境について理解を深めましょう!

・主催:帯広大谷短期大学地域連携推進センター
・後援:音更町、北海道開発局帯広開発建設部帯広河川事務所、帯広川伏古地区子どもの水辺協議会、自然そのまんま美術館、NPO法人十勝多自然ネット、北海道新聞社

COMING SOON

第2回

開催日時
2017年7月1日(土)

9:00~13:00
(受付:8:30~)

集合場所
旭川市立嵐山小中学校(旭川市江丹別町嵐山143)MAP
問合せ番号
0120-033-213
固有の生態系を破壊する特定外来生物について学び、また実際に川に生息している特定外来生物「ウチダザリガニ」の繁殖拡大に歯止めをかける防除活動を行います。

道内第2位の人口を有する旭川市ですが、大雪山を擁し、大小さまざまな川が流れ、多くの自然が身近に残っています。豊かな自然に囲まれた北海道ですが、特定外来生物のウチダザリガニが道内各地の河川・湖沼で確認され、旺盛な食欲と生命力で急加速で増殖しています。元々は食用として国内に持ち込まれたものですが、現在では、旭川・江丹別川でも、元から住んでいる生物を捕食したり、水中のえさを独占したりするなど、本来あるべき生態系を破壊しています。

第2回は、身近にある自然環境の破壊を食い止め、未来へ引き継いでいくために、みんなで特定外来生物ウチダザリガニを捕獲し、かけがえのない自然を守る活動を行います!

※未就学児童の方は参加できません。
------------------------------------
※雨天の場合:少雨決行(荒天の場合は、7月8日に順延とさせていただきます)

<交通アクセス>
お車でお越しください。

・主催:旭川ウチダザリガニ防除隊
・後援:旭川市、北海道新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

>> 参加条件について

募集中!! HELP WANTED
募集期間
2017年5月15日ー2017年6月16日まで
募集人数
約80名
 
※ご応募が多数の場合、抽選とさせていただく場合があります。
このイベントに申し込む

第1回

開催日時
2017年5月27日(土)

9:00~15:30
(受付:8:30~)
※活動場所へはバス移動

集合場所
釧路湿原展望台駐車場(釧路市北斗6-11)MAP
問合せ番号
0120-033-213
湿原として日本最大の面積を誇る釧路湿原にある「聖地」キラコタン岬の外来植物「オオアワダチソウ」を、みんなで駆除します。

釧路湿原は貴重な自然の宝庫です。また「釧路湿原国立公園」「国の天然記念物」「国指定釧路湿原鳥獣保護区」「ラムサール条約登録湿地」にも指定され、国や自治体、市民団体などの活動により、その保全が図られています。

第1回は、釧路湿原のなかでも最後の聖域といわれる保護区「キラコタン岬」で活動します。キラコタン岬は通常では許可なく立ち入ることのできない湿原の最も深いエリアにあり、開発などで一旦は絶滅したといわれるタンチョウが再発見されたという奇跡の聖地です。活動ではこの保護区でも繁殖が目立つようになった外来植物「オオアワダチソウ」の駆除活動を行います。その後、湿原内を散策しながら、釧路湿原の雄大な景色を堪能しましょう!
------------------------------------
※雨天の場合:少雨決行(荒天の場合は、5月28日に順延とさせていただきます)

<交通アクセス>
お車でお越しください。

・主催:NPO法人釧路湿原やちの会
・後援:北海道新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回募集は終了致しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。