TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!! Presents〜宮城の水辺クリーンプロジェクト〜

  • サイトトップ
  • プログラム詳細

最終レポート

海岸や沼など水辺をきれいにして、レジャーや観察を楽しもう!~宮城の水辺クリーンプロジェクト~

RESULT
【豊かな自然に学びながら宮城の水辺で清掃活動】

AQUA SOCIAL FES!!では、宮城県の美しい自然を守るためにさまざまな活動を行ってきました。5年目となる今年は、海浜や沼周辺でゴミ拾いを実施。マリンスポーツが盛んな七ヶ浜町の湊浜海浜公園と、多くの種類の動物や昆虫などの生き物が生息する登米市と栗原市にまたがる内沼を訪ね、地域に息づく自然の豊かさを体感しながら、たくさんの参加者が清掃活動に取り組みました。

【海開きを待ち望む 砂浜の復興を願って】

第1回となる6月4日には、約100名が参加。東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた「湊浜海浜公園」でゴミ拾いを行いました。その後、地元で活動しているビーチバレークラブSVCのメンバーからルールやゲームの進行などを教えてもらいながら、ビーチバレー体験も楽しみました。

【水鳥や魚の楽園を後世に残すために】

11月26日は、新たな100名が「栗原市サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)」に集合。2つの班に分かれ、内沼周辺の清掃活動を行いました。沿道の茂みには、ペットボトルやお菓子の包装紙などが見つかります。みんなで熱心に拾い続けたゴミを一カ所に集積すると、沼の前には大きな山ができました。そして、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団のスタッフが、湖沼に生息する動植物や環境保全活動についてレクチャー。同財団の嶋田哲郎さんは、「外来種が元来の生態系を乱したこともありましたが、昔から地域を潤してきた伊豆沼・内沼の自然を守り伝えていくためにみんなで活動していきましょう」と語ってくれました。

【自分の目で確かめて活動の必要性を実感】

海水浴やマリンスポーツが楽しめるよう現在も整備が続けられている湊浜海浜公園。そして、ハクチョウやマガンが飛来して賑わう晩秋の伊豆沼・内沼で、宮城の水辺に息づく自然の豊かさを体感しながら、地域の環境を守る意義を学ぶことができました。仙台市太白区から参加した男性は、「仕事でなじみのある伊豆沼・内沼ですが、自分の足で歩いて身近に自然を感じる良い機会となりました。また、たくさんの人と意識を共有しながら清掃活動できたことにもうれしく思っています」と笑顔で話してくれました。

◆主催:河北新報社
◆協力:東北工業大学、SVC(Sendai Volleyball Community)、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団

TOP

第2回

栗原市の内沼で、清掃活動と生物観察を行いました!

REPORT

【白鳥の鳴き声が響き渡る栗原市内沼に100人の参加者】

宮城県第2回目のアクアソーシャルフェス。少し寒い日でしたが、快晴の空の下、家族連れや東北工大環境サークル「たんぽぽ」の大学生ら約100人の方が県内各地から集まってくれました!この時期、会場である宮城県栗原市の内沼には白鳥やがんが飛来しています。この日も多くの水鳥が水面を泳いでおり、白鳥たちの鳴き声が辺りに響いていました。プログラムが始まる前、参加者が鳥たちと共に楽しそうに記念撮影している姿も(^^)

最初は開会式。伊豆沼・内沼環境保全財団の嶋田さんよりご挨拶とゴミ拾いの際の注意などを聞いたらいよいよフェス開始で〜す!!

まずはみんなで内沼の砂浜や周辺の道路をゴミ拾い!沼の右回りと左回りの2班に分けてゴミ拾いをしていきます。

途中、嶋田さんより「この内沼、伊豆沼はラムサール条約の登録地になっており、この時期になると水鳥が越冬をするために集まる」など周辺の環境の解説もありました。ペットボトルや缶、食料品の容器やビニールなどの細かいゴミがあちこちに見つかりましたね(>_<)

今回の活動で拾ったゴミの量は約300kg。もともとそれほどゴミは多くなかったのですが、すっかりきれいになりました☆ビニールなどのゴミを水鳥が食べてしまう事故が起きてしまうこともあるそうですが、これでひとまず安心ですね♪♪

【みんなでゴミ拾いをした後は、沼に住む生き物の学習】

そして次は、沼の生き物の学習です!沼に住む魚や飛来してきている白鳥などを実際に観察しながら、伊豆沼・内沼環境保全財団の方の説明を聞きました。

【「またこの場所を訪れたい」「白鳥を見に来たい」という声が多くありました】

参加者に感想を伺うと、生き物学習は「白鳥やがんを間近で見られて楽しかったです。また見に来たいですね」「魚の話も大変勉強になりました」など皆さん満足気。また、「天候にも恵まれ、自然の中で活動できてとても気持ちがよかったです」「はじめて内沼に来ましたが、非常に素敵な場所でまた家族で来ようと思いました。今後もこういった環境を大事にしていきたいです」とこの伊豆沼・内沼を気に入った方も多かったようです(^▽^)清掃や生き物観察を通して自然を身近に感じる事で、これからもこの内沼を大切にしていきたいですね!

TOP

第1回

砂浜の清掃と、ビーチバレーを楽しみました!

REPORT

【夏のような日差しのなか、100人以上の参加者が海岸で清掃活動】

天気は快晴。6月初めなのに夏のような日差しのなか、100人を越す方が海岸に集合しました!今回参加してくれたのは大学生や、小さいお子さんを連れた家族連れ、地元の方々などさまざま☆

今回、活動を実施したのは七ケ浜という地域で、はじめての開催となりました。もともとは海水浴をはじめ、ビーチバレーなどマリンスポーツも盛んな砂浜でしたが、2011年の東日本大震災で大きな被害を受けて、まだ海開きが出来ていない状況なんです(>_<)

【みんなで一斉にゴミ拾いをしたあとは、ビーチバレー体験!】

まずは海岸に広がり、参加者全員でゴミ拾いから!小さなゴミまで見逃さずに拾っていきますよ〜!

海岸はそれなりに広くて、始める前はかなりゴミがあるように見えましたが、みんなで協力すると短い時間でたくさんのゴミを拾えました!

ゴミ拾いが終わったら、SENDAI Volleyball Communityのみなさんのレクチャーによるビーチバレーボール体験です!ビーチバレーは足場が砂でやわらかいので、床のバレーボールに比べてけがも少なく、実はさまざまな年齢の方が楽しみやすいスポーツなんですって^^

ほぼ初めて…とい方もいましたが、始まってみるとみんなどんどん上達し、最後はしっかり試合まで行う事が出来ました☆

【震災以前のように海岸で遊べるよう、継続的な清掃を】

今回拾ったゴミの量は約200kg。「こういう活動に参加すると、普段あまり意識していなかった街中や近所のゴミも気になるようになりますね。みんなで意識してきれいにしていけるといいと思います。」「今日は家族で参加しましたが、砂浜での清掃活動だったので、子どもも楽しみながら参加できました^^」と、さまざまな感想がありました。

まだ震災の影響でこのエリアではできないこともありますが、周辺の設備や道路が復旧して海水浴やビーチバレーなどのレジャーを砂浜で以前のように楽しめるようにするために、地道にこういった活動を続けることが必要なのだということを感じたアクアソーシャルフェスでした。

TOP